ふと思えば。。。もう。。。

今日で8月が終わり、もう9月になります。

早いもので4月5日に開業してからもうすぐ5ヶ月を迎えようとしています。

この間にもいろいろな患者さまに来院していただき、衛生士さんたちの話では患者様の割合で、圧倒的に女性と子供が多い!ということでした。

でも男性の方々もいらっしゃっているのですが、やはり女性が多いというのは印象としてだいぶ強くあります。

それは自分の考えていた患者様の層として考えていたのですが想像以上でした。

ありがたいことに患者様がいろいろご紹介下さり、来院したことはなくても“ハートデンタルクリニック”を知っていらっしゃる方が多くなってきたことはうれしい限りです。

自分も話好きなので、患者様とお話していると、つい時間を忘れて、診療の最後だと1時間以上お話していたりします。

でも患者様とお話ししてみると、やはり今までは先生に言いたくても言えなかったという経験をたくさんしていらっしゃるということが実に多いです。

それは歯科医院の特徴としてよく挙げられたりもするのですが、他の医院と比べてっていうのはあまり好きではありません。

自分の趣味やスタイル、考え方などを建物の外観を含めて発信し、自分の考えを患者様に提供した上で、一緒に考えていく(治療計画なども含めて)という方針のもとで当たり前の診療をやっていくことが大切だと考えています。

もちろん、自分の中では患者様ありきです。

ただ、患者様によっては

“すべて先生にお任せします”

というありがたいお言葉や

“先生はどれが1番いいと思いますか”

という質問をよく聞きますが、自分は自分の考えうる幾通りもの治療方法を提示はしますが、最終決定権は患者さまに委ねています。

というのもその前にだいたいこれが1番いいと思います、くらいはこちらからも言ってはいるのですがあまり耳に入っていらっしゃらないようなので。。。

特に歯科医院では、その日に説明を受けてその日に決定しなくてはいけない!みたいな雰囲気があるようなのも、自分の中ではおかしいと考えています。

それで、説明はだいぶ前もってして、その治療が必要なときまでにお考えいただき(もちろん本人も含めて、親・兄弟・親戚一同!などなどのご意見も参考にして)それから最終的には患者様の決定した方法で最善を尽くすという方針です。

もちろんその決定した方法が歯科医師からみて最善ではない場合などは、それにより将来的に考えられる問題点などもきちんと説明していきます。

患者様も権利として自分の考えは1度は遠慮されずに伝えるべきだと思います。

それで、双方納得した上で治療のゴールにお互いが向かっていくというのが理想です。

こういう考えの歯医者さんはどうですか?

そういえば前まで、診療が終わっても明るかったのに最近暗くなってきて秋の気配を感じますね!^^

明日は午後3時から、自分と衛生士さんとで別々の講習会に午後3時から行くので午後の診療が2時半までとなります。