歯並びのためのお口のトレーニング

★歯並びに舌とくちびるが影響?!

 歯はきれいな馬蹄形に生えるのが当たり前だと思われがちですが、この馬蹄形は、歯と接しているくちびるや舌の筋肉から加わる力の支え合いによって生まれています。なぜなら、歯は力を与えられると、その方向にジワジワと動いていくからです。

 言いかえれば、歯は舌の力とくちびるの力のバランスが釣り合うところへと動き、並んでいます。とくに歯の生え替わり時期のお子さんの場合、

・乳歯が抜けた部分など、気になるところをつねに舌で触っている。

・飲み込むときに舌で歯を押している。

・お口をいつもポカンと開けている。

というように、お口の癖が、歯にかかる舌やくちびるの力のバランスを崩していると、その影響で歯は前へと動き、噛み合わせも崩れていってしまいます。

 

★舌には理想的なポジションがある。

 歯に加わる力のバランス、ひいては歯並びを乱す原因となりやすいのが「舌」です。いまこれを読んでいるあなた、舌の先はお口の中のどこに触れていますか。上あごの天井付近ですか。それとも前歯ですか。

 じつは舌には、収まるべき正しい位置があります。リラックス時に舌が上あごの天井につきつつ、舌先は前歯に触れないか、触れたとしてもほんの軽く触れるくらいの位置が理想です。

 対して、舌が上あごにつかず、低い位置にあり歯にもたれかかっていると、常に歯に力が加わってしまいます。

 また、舌の癖は矯正治療の妨げにもなります。舌からかかる力のせいで、矯正装置を入れても想定したほど歯が動かなかったり、治療が済んで装置を外した後に後戻りを起こしてしまうことがあるのです。

 

★トレーニングで矯正治療がスムーズに。

 こうした癖を改善し、矯正治療をスムーズに進めるために役立つのが「お口のトレーニング」です。舌を上あごの天井に当てる、舌を上に持ち上げる力を鍛える、奥歯を噛みしめて噛む力を強くするなどの練習を、矯正装置の装着と並行して(または単独で)繰り返していただきます。これは専門的には「MFT:口腔筋機能療法」といい、舌をはじめとしたお口まわりの筋肉のバランスを整える効果があります。

 ただし、トレーニングはすぐに効果が出るものではありません。長時間、毎日繰り返していただくことで、徐々に効果が表れてくるものです。慣れるまで舌が疲れたり痛くなりますし、時間も根気も必要となります。ですが、素敵な歯並びのために大切なことですので、歯医者さんといっしょに根気よくがんばっていきましょう!

引用参考文献:nico 2020年2月号

人生のクオリティーが変わります。誌上体験版 矯正治療ガイド!

 歯科の矯正治療は、踏み出すには少し勇気がいります。でも、生涯の健康を支える、きちんと噛めるお口ときれいな笑顔を獲得するチャンスを逃すのはもったいない!

 2月号のコラムでは、「このままの歯並びで本当にいいのかな?」と気になり、21歳で治療を受けたみづきさんと、治療を担当した歯科チームによる矯正治療のようすを、ダイジェストでお伝えします。

 

★治療開始。歯がグググと動いてる!

 治療説明のときには聞いていましたが、実際、かなりの違和感でした。ブラケットに慣れるのに1週間程度、リンガルアーチに慣れるのに1か月程度かかりました。

 でも半年もすれば、装置があまり気にならなくなり、食事、歯みがきにも慣れました。矯正治療序盤は、口の中がダイナミックに変化していることが手に取るようにわかります。1か月ごとの調整後の数日間は、多少の痛みや食事のとりにくさがありますが、歯が動いて並んでいくことがわかるので、楽しみながら過ごせました。

 

★噂のなかだるみ?微調整がはじまった!

 半年ほどすると、前歯が並んで見た目がかなり変わり、治療の手ごたえを感じます。

 ところが長かったのはここから。歯を大きく動かす時期が終わると、今度は上下の歯をピタリと噛み合わせていく微調整がはじまります。複雑に力を加えて精密に動かしていくので、目に見えて違いがわかった以前にくらべ、治療にブレーキがかかったように感じ、もどかしくなりました。

 でもここが頑張りどころ。この微調整で仕上がりが変わってくると聞き、歯に加わる力の強さや角度を微妙に調整するエラスティックの使用を地道に続けました。

 

★治療終了!変化を実感しています。

 治療開始から2年9か月後、ついに治療が終了。当初は「見た目がきれいに慣ればいい」程度の気持ちでしたが、実際に終えてみると、それ以上のものがありました。

 まずうれしかったのが、「歯みがきとフロスがラク!」ということ。そしてもうひとつ感激したのが、「1本1本の歯がしっかり機能していると実感できた」こと。これは治療前にはなかった感覚です。

 治療前の歯並びで生涯を過ごすのと、よく噛めるお口で過ごすのとでは、クオリティーが違う将来が待っているんじゃないか––––そう日々実感しています。

 治療を開始した頃に歯科衛生士学校の学生だった私は、縁あって現在、この治療を受けた診療所で歯科衛生士として働いています。治療中の経験を、患者さんのサポートに役立てていきたいと思っています。

引用参考文献:nico 2019年2月号

きれいになる」だけじゃない!矯正治療でウェルエイジング

「歯並びをきれいにするもの」というイメージのある矯正治療。ですが、矯正治療のメリットは、審美的なものだけではありません。歯がきれいに並び、噛み合わせがよくなることは、若々しく健やかに年を重ねるためにも重要なんです。

★矯正治療で「お口の機能」を改善!

 矯正治療の「きれいになる」以外のメリット。それはずばり「お口の機能の改善」です。お口には、モノを噛む(咀嚼)、モノを飲み込む(嚥下)、発音する、表情をつくる、唾液を分泌するといったさまざまな機能があります。どれも生きていくうえで大切な機能ですが、なかでも重要なのは、「よく噛めるようになる」ということ。

 食べ物を咀嚼し、栄養を摂取するためには、よい歯並びと噛み合わせが大切です。それは、ご高齢になるほどいっそう重要になっていきます。

 また、噛み合わせがよくなると、よく咀嚼できるようになるので、唾液が出やすくなります。この「唾液が出やすくなる」というのも、若さを保つ秘けつの1つ。

唾液にはからだに有益な酵素やホルモンがたくさん含まれています。消化を助けるアミラーゼ、リパーゼなどの酵素をはじめ、咀嚼物に粘りを与え嚥下を助けるムチン、それに骨・筋肉を強くするパロチン(若返りホルモンといわれます)などなど。唾液がたくさん分泌されるということは、からだの中から若返るということなのです。

 くわえて、千葉市や文京区による「8020」達成者を対象とした噛み合わせの調査では、反対咬合(受け口)や開咬の人がほとんどいなかったことがわかっています。歯の一部分に負担がかかる、よくない噛み合わせのままでは、より多く歯を残すのは難しいことがわかります。

 このように、正しい歯並びは「美と健康のファンダメンタル(基礎)」。矯正治療によるお口の機能の改善は、ウェルエイジングのカギとなります。

 噛み合わせの改善は、入れ歯やインプラントでも可能ですが、「できるだけ自分の歯で」というのは、皆さん共通のお気持ちではないでしょうか。

 お子さんや若い人がされている印象が強い矯正治療。けれども、最近は歯の大切さが浸透してきたせいか、40代や50代から治療を始める人も増えています。

 歯並びが気になっているけれど、「今さら矯正なんて……」と尻込みしているあなた。けっして遅くはありません。いつまでもおいしく食べ、楽しく笑い、健やかに過ごすために、矯正治療がきっとお役に立てると思います。

引用参考文献: nico 2017年4月号

ケアや食事、どうしてる?矯正中のお悩み解決ガイド

★矯正中の歯みがき、どうする?

 ブラケット、ワイヤーなどの矯正装置がつくと、これまでのお口の中とは一転、プラーク(歯垢)が溜まりやすくなり、歯みがきもしづらくなります。みがき残しが多くなれば、むし歯や歯周病のリスクが高くなるのは必然。歯並びを綺麗にするための矯正治療で、健康な歯をむし歯や歯周病にしてしまうなどということは、あってはならないことです。

 装置を装着しているあいだは、およそ1ヶ月ごとにご来院いただき、歯の動き具合を診たり、ワイヤーなどの装置の調整をします。その際お口のすみずみまで徹底的にプロフェッショナル・クリーニングをさせていただきますが、そこからまた1か月間のお口のケアは、患者さんご自身にお任せすることになります。

 もともとみがき残しやすい奥歯の溝や歯と歯のあいだ、歯と歯ぐきの境目はもちろんのこと、矯正中は、奥歯のバンドのまわり、ブラケットのまわり、歯とワイヤーのあいだと、プラークが溜まりやすい装置まわりの掃除が重要となります。

 10月号では、こうした汚れの溜まりやすい場所の効率的なみがきかたを、図解付きで詳しくご説明。矯正中のケアに向いた歯ブラシやタフトブラシ、歯間ブラシ、そしてむし歯や歯周病予防におすすめのフッ化物配合歯磨剤や洗口液もあわせてご紹介します。毎食後は難しいとしても、少なくとも1日1回は時間をかけてプラークを取り除きましょう。

 

★矯正中の食事、どうすればいい?

 矯正中のもうひとつのお悩みが「食事」です。食べにくいと感じると、ついやわらかい炭水化物や脂質が過多になりやすいので、たんぱく質や食物繊維、カルシウム、ビタミンなどが不足しがち。矯正中に栄養が偏って体調不良になってしまってはがっかりですし、お口の中にひそむ細菌への抵抗力も低下しないようにしたいものです。

 そのために、簡単に作れて栄養バランスが優れたレシピを多数ご紹介します。「鶏ひき肉と豆腐のレンジ蒸し」「さといもと豚ひき肉のサラダ」といった、矯正中でも食べやすく、それでいてたんぱく質やその他の栄養素を補える料理や、「牛大和煮の炒め物」「豆腐クリームスープ」などの、缶詰やレトルト食品をアレンジしたメニューも取り上げています。

 治療をスムーズに進め、健康で美しい歯並びをゲットするため、こうしたケアの方法や食事のコツを参考にして、快適な矯正ライフをお過ごしください。

引用参考文献:nico 2016年10月号

メリットは?デメリットは?マウスピース矯正入門講座!

★いま注目の“マウスピース矯正” 

 いま、マウスピース矯正に興味をもつ方が増えています。①比較的目立たずに使用できる、②違和感や痛みが少ない、③取り外しでき歯のケアがラクなどの理由から注目を集め支持されて、急速に治療のすそ野を広げつつあります。マウスピース矯正という選択肢ができたことによって、これまで矯正治療をしたくても二の足を踏んでいた方に、一歩を踏み出す契機をご提供できているのは確かでしょう。

従来の矯正治療は、歯にブラケットを付け、そこにワイヤーを固定することによって歯を動かしますが、マウスピース矯正は歯をアクリル製のマウスピースで覆うことによって、

 

その弾性を利用しながら動かす方法を取ります。面で歯に力を加えて動かすという独特の方法は、点で力を加えてフレキシブルに歯を動かしていく従来の治療に比べ歴史が浅く、歯の位置や傾きによっては、まだまだ苦手な治療があるのも事実です。

 

★代表的な2つの矯正システムを比較分析

 国内で使われているマウスピース矯正は、おもなタイプとして大きく2種類に分かれます。そのうちのひとつが「インビザライン®」です。治療前に歯型を採って米国に送ると、治療過程をシミュレーションした3D画像が医院に届き、確認して修正を加えOKとなると、コンピュータで製作した全加工分のマウスピースが米国からドサッと届

 

きます。もうひとつが、「アソアライナー®」に代表される歯科技工所で製作するマウスピースです。患者さんの歯の動きに合わせて、随時あらたな歯型を採りマウスピースを作って行く方式をとっています。

 

★デメリットもきちんと理解しよう!

 マウスピース矯正のデメリットとしてとくに重要なのは、症例を選ぶということ。そしてもうひとつ、患者さんの性格ややる気次第という点です。毎日定められた時間装着していただかないと結果が出ないので、意思の弱い方や、装着できる時間が取れない方には向いていません。

 また、治療前と治療後

 

の写真だけを見ると「簡単にできそう」と思われがちですが、実際にはしっかりと噛める歯並びを作るには、補助装置やワイヤー矯正の併用が必要な症例もめずらしくありませ

ん。

 

 マウスピース矯正による治療はその精度を確実に上げている一方、ワイヤー矯正に比べればまだまだです。マウスピース矯正は軽度の治療に向き、なんでも治せるわけではないことを知り、治療の選択にぜひ役立ててください。

引用参考文献:nico 2016年7月号

 

 

導入準備完了!^^

今日は診療後に2週間前に福岡でセミナー受講した

      『  インビザライン  』 (アライナー矯正)

の打ち合わせ。

今までの矯正治療の中でのアライナー矯正より適応症例広がりそう・・・

導入するにあたってのパソコンへのソフトのダウンロード・初期設定・また症例のアメリカへの発送・提出作業の確認などで、約3時間!

やはりシステムが確立しているため安心して導入できるが、スタッフが混乱しないような配慮も大切かな?

一度月2回のミーティングに来ていただいてミニセミナー開催していただく手配も必要と考える。

患者さまへも分かりやすい色々な資料を提示して導入開始!

セミナー受講から2週間での下準備しての導入開始は、考えていたよりスムーズ^^

これからもよりよい治療方法を患者さまへもご提供できるように学び続けます!

前歯がガタガタ???

生えてきたばかりの歯は、ねじれて生えてきたり、でこぼこ生えてきたりすることがあります。

これは土台となる顎の骨の中で歯の芽が育つときに、必ずしも顎の骨の中央にきちんとならんでいるわけではないからです。

生えてきた歯は、舌の筋肉や唇、ほっぺたの筋肉の力のバランスがとれたところに並んでいこうとします。

この筋肉による調整によって、きれいな歯ならびができます。

しかし、お口の周りのさまざまなクセによって、このバランスが乱れると歯ならびや噛み合わせにも影響してくることがあります。

少しでも気になる場合は、かかりつけの歯科で相談してみましょう ^^

矯正相談はどういうもの?

みなさんよく耳にする矯正相談ってどういうものか分かりにくいですよね???

これは医院によっていろいろな考えがあるため、事前に確認しておいた方がよさそうです。。。

当医院では、無料矯正相談として必要最小限の歯型の模型を採って(500円)、それをもとに

          治療計画概要(大まかな治療方法、治療期間、治療費用)

を1週間後くらいに説明するという方法で行っています。

たまにTELやメールで、

          『 この治療方法で矯正できますか? 』

          『 矯正期間はどれくらいですか? 』

          『 矯正費用はいくらですか? 』


などのご質問があるのですが、

     やはり一回も診ていないお口の中のことを言われても無理!!!


なのです。

それをお伝えすると

          「 だいたいでいいので。。。 」

と言われる方も多いですが、実際資料(レントゲンや顔貌・口腔内写真など)を採ってきっちりした治療計画をお話する時にあまりにかけ離れているのも嫌でしょうし。。。

【  無料相談後にもっと詳しくお聞きしたい場合には、日を改めて1時間程度お時間いただき、資料採得で 8400円 と、それから1~2週間後に1時間くらいお時間いただきカウンセリングで 15750円 費用がかかります  】

治療費用も、どういう難易度でも一律費用にしている医院もあれば、当医院のように難易度で変わってくる医院もあるのです。

なので、矯正治療をお考えになる場合には、


           各医院が無料でできる範囲はどこまでなのか?


を理解した上で、当医院で矯正相談された方にもより多くの歯科医院での治療計画をお聞きして参考にし、その中で最良と思われる歯科医院を選択するようにおすすめしています。

実際、まず一番大きいのは

          抜歯するのか?   抜歯なしでするのか?

は最低考慮された方がいいと思います。

当医院で今は治療されている方で、

「 他医院で上2本のみ抜歯されたけど、やっぱり下も抜歯しないとダメでしょうか? 」

というご相談でこちらに転院してきた方もいらっしゃいます。

               永久歯を抜く

ことは不可逆(後戻りできない)処置になるので、よく考えないといけません。

すべて永久歯に生えかわる前ならば、抜歯せずにできる場合も数多くありますので、少しでも気になる場合は矯正治療する・しないにかかわらず早めの相談をおすすめいたします^^


          

「口もと美人に生まれ変わる。おとなの矯正治療!」

★顔立ちを決めるのは、頭蓋骨

 骸骨から生前の顔を再現する「復顔術」ってご存じですか?犯罪捜査や考古学で用いられ、かなり正確に生前の顔立ちを復元できる手法です。顔の皮膚や筋肉の厚みは個人差が少ないため、頭蓋骨を一定の厚みの粘土で覆っていくと、人の顔立ちがクッキリと浮かび上がります。じつは私たちの顔立ちを決定づけているのは、皮膚でも筋肉でもなく、骨格です。美人が美しいのは、頭蓋骨が美しいということなのです。

 

★きれいになるのは歯並びだけじゃない?

 頭蓋骨は、一番上の丸い脳頭蓋、真ん中の上あご、そして下あご、と3層構造になっています。美しい人の骨格はこの3層の大きさのバランスが非常によく、その結果フェイスラインがスッキリとして見えるのです。

 なんのためにこんな話を始めたのかというと、「矯正治療とは、ただ歯を並べるだけの治療ではない」ということをご理解いただきたいからです。矯正治療とは、脳頭蓋を基準にして、上あご、下あごの歯や歯槽骨を含めた骨格にアプローチし、よりバランスの取れた噛み合わせへと導く治療です。

 たとえば、子どもの矯正治療は、成長発育のスパートがはじまる以前から、より良い骨格へと育つよう導く治療です。たとえば下あごが小さく上あごの目立つ出っ歯さんなら、下あごがもっと育つように導いて調和させます。

 噛む筋肉や顎関節の機能がまだ完成されていないうちに骨格のバランスを改善しておくと、15〜16歳で完成を迎えるころには、骨格と調和したきれいな歯並びと噛み合わせが手に入れやすくなります。これが子どもの矯正治療です。

 

★矯正治療で、口もと・骨格美人に!

 一方、おとなの場合は、あご本体は完成しているので、成長発育の勢いを使ってあごの大きさごと導けるようなアドバンテージはありません。しかし、歯を動かすことで歯槽骨のかたちを変え、上あごと下あごのバランスをより調和させて見せることはできます。

 完成されたおとなの骨格でも、こうして硬組織にアプローチすることで、よりバランスの取れた美人の頭蓋骨に近づけることができるのです。

 おとなの矯正治療では、機能面の改善はもちろん、美しさの獲得も大切なテーマです。あなたも矯正治療で骨格ごと美人になってみませんか?

引用参考文献:nico 2013年5月号