矯正装置の種類と費用

矯正治療には、従来のワイヤーを使用した方法から、新しいタイプの治療法であるマウスピース矯正まで、様々な方法があります。歯並びやかみ合わせの状態を考慮しながら、「目立ちたくない」「治療期間を短くしたい」等、ご要望に合わせて、患者様にとって最適な治療方法をご提案いたします。

矯正の種類と費用  矯正の種類と費用

※表示価格は税込み表示です。

マウスピース矯正

マウスピース矯正は、矯正用のマウスピースを段階的に交換しながら、だんだんと理想の歯並びに近づけていく、新しい矯正方法です。当院では、米国のアライン・テクノロジー社が提供している、目立たず、透明に近い、取り外しが可能な新しいアプローチの歯科矯正「インビザライン・システム」を導入しています。
現在、世界100カ国以上の国々で提供され、これまでに1000万人を超える患者様が治療を受けられています(2021年5月現在)。

インビザライン®(透明なマウスピースを使用して行う矯正)

資料採得料金;16,500円
矯正カウンセリング料金;16,500円

特徴

透明なマウスピースをはめて行います。
できるだけ目立たないのを優先する方におすすめです。

以前は前歯だけの治療などに限定した症例が圧倒的に多かったですが、最近では抜歯症例も含めて噛み合わせまで考慮した全般的な治療にも対応できるようになりました。

※ 一部格安マウスピース矯正では、マウスピース矯正しか手掛けていない一般の先生によるトラブルも発生しています。。。

費用
  • 装置+基本施術料 一般的に 約88万円~
    (保定装置料金含む)
  • 経過観察料 約1~3カ月に1回1,650円

    ※矯正治療開始してから5年間は、アライナー再製作必要になっても保証範囲内で無料で製作いたします。
期間歯を動かすのに 1~2 年程度かかります。
(後戻り防止の保定に 1~2 年程度必要)
メリット
  1. 装置が透明で目立たないため、違和感が少ないです。
  2. ご自身の都合が悪い時には外すことが可能です。
デメリット装置時間が短いと、治療期間が長くなってしまいます。
細かい調整の場合は、最後の仕上げでワイヤー矯正が必要になる場合もあります。

マウスピース(アライナー)型矯正装置(インビザライン) 

・・・ 難易度によって変わります

装置装着時の標準料金(税込)歯牙移動の装着期間の目安
¥88万 ~ ¥99万約1~2年程度
(後戻り防止の保定に1.5~2 年程度)
リスク・副作用
1日20時間以上の装置装着を守らないと計画通りに歯牙移動できません!
抜歯症例などで奥歯のかみ合わせによっては、再評価後に再スキャンして2回目の歯牙移動が必要になる場合があります。
移動の補助のために少し歯牙を削ったり、顎間ゴムを使用したりする場合があります!

マウスピース(アライナー)部分矯正

資料採得料金;16,500円
矯正カウンセリング料金;16,500円

部分矯正LOT(インビザライン) 
装置装着時 ~ 保定(後戻り防止)の標準料金(税込)歯牙移動の装着期間の目安
¥66万~ 約半年程度
(後戻り防止の保定に1.5~2 年程度)
リスク・副作用
基本的には軽度の前歯の歯の重なりの解消はしますが、奥歯は移動させません!
上下前歯の噛み合わせのバランスは変わることがあります。
横顔の印象などの改善はできません。
移動の補助のために少し歯牙を削ったり、顎間ゴムを使用したりする場合があります!

【その他の料金】・・・1~3ヶ月に1回程度の来院時

矯正経過観察料  1,650円

0.5ミリ程度の非常に薄い、透明なマウスピースを使用して行う、非常に目立たない矯正治療です。透明なマウスピースなので、装置を付けている事はほとんど分かりません。それゆえ、接客業や人前でお話をされる方などの間でも大変人気がある治療法です。
また、食事や歯磨きの際には取り外していただけるので大変便利です。そして何よりも、従来の矯正治療とは異なる、新しいデジタル技術を駆使した、これまでにない精密な矯正治療という点が、世界的にも評価されています。

メリット

  1. 矯正していることを他人にほとんど気付かれることがない
  2. 違和感が非常に少ない
  3. 食事、歯磨きの際には外すことができるので快適
  4. 矯正時の痛みが少ない
  5. 通院回数、診療時間を少なくすることができる
  6. 金属アレルギーの心配がない
  7. 虫歯や歯周病のリスクを高めない
  8. 治療期間があらかじめわかるので、将来の計画が立てやすい

デメリット

  1. 全ての症例に対応できるわけではない
  2. 毎日きちんと装着時間を守る必要がある

当院では、患者様のご要望を重視し、できる限り快適に矯正治療を受けていただけるよう、最大限の努力をいたします。ぜひ、どんな些細なことでも遠慮なさらず、お気軽にご相談ください。

インビザラインご紹介

すべての笑顔が物語っているように、インビザライン治療によって、自信を持って、なりたい笑顔を手に入れることが可能です。

インビザライン治療では、独自のSmartForceテクノロジーを利用し、取り外し可能で、ひとりひとりの歯列に合わせたカスタムメイドのアライナーを作製します。
目立ちにくいプラスチック製のアライナーを歯牙に装着することにより、歯牙を徐々に理想の位置へと近づけていきます。

そして何よりも、アライナーを装着していることにほとんど気づかれることがないため、治療中でもこれまでどおりの生活を楽しむことが可能です

光学スキャナーiTeroで口腔内をスキャニングします

治療計画のご説明時にご自身の歯がどのように動くのか動画シュミレート

従来の歯列矯正治療との違い

インビザラインの特徴

インビザライン治療の特徴を列挙しました
詳しくはこちら
治療の流れ

治療の流れ

インビザライン・システムのしくみと、インビザライン治療によって美しく自信に満ちた笑顔を手に入れるまでの治療内容をご覧ください
詳しくはこちら
 
従来の歯列矯正治療との違い

従来の歯列矯正治療との違い

インビザライン治療と従来の歯列矯正治療の違いを列挙しました
詳しくはこちら
従来の歯列矯正治療との違い

インビザライン治療のメリット

インビザライン・システムが、より快適な矯正治療と、治療中の自信やライフスタイルの維持にどのように役立つかをご覧ください
詳しくはこちら
 

床装置矯正(4歳以上~20代前半程度)

  • ※通常は6歳臼歯と上下の各永久歯前歯4本が生え変わった時期(だいたい8~10歳前後)くらいから治療開始する場合がほとんどです。
  • ※ ただし、極端に分かる反対の噛み合わせだったり、大きく顎が左右にずれていたりする場合のみ、稀に早ければ4歳~から早期に治療開始する場合があります。
特徴

スクリューを埋め込んだ取り外しできる床(プレートタイプ)装置をはめて行います。抜歯をしないでいい程度の歯の重なりくらいのお子さまであれば、まずはご検討ください。

※ 側方拡大床装置、前方部側方拡大床装置、遠心移動床装置 など患者さま一人一人に合った装置を提案していきます。

費用
  • 第一期治療の装置料金 1つの装置につき 約11万円程度
  • その後の第二期治療(ワイヤー矯正)も含めてトータルで 約55万円~(保定装置料金含む)
期間個人差はありますが、成長の止まる時期(16~18歳くらい)までは経過観察必要です。
(後戻り防止の保定に 1.5~2 年程度必要)
メリット
  1. 成長時期に矯正するため、永久歯を抜歯する必要がない場合が多いです。
  2. 同時に虫歯の予防管理も行いますので、カリエスフリー(虫歯なし)の永久歯になる可能性が高いです。
デメリット成長期間中、継続的に行います(※第2期治療の仕上げでワイヤー矯正する場合が多い)ので治療期間が長くなる場合が多いです。

 

ワイヤー矯正(主に8歳以上~)

一般ワイヤー矯正

料採得料金;8,800
矯正カウンセリング料金;
16,500

特徴

歯の表面に金属や白い装置を装着したものにワイヤーを通して行います。

メタルブラケット審美ブラケット

メリット

1,他の矯正法より期間が短い場合が多いです

2,装置が表に付いている為、歯の向きと装置が一致しており細かい調整が可能です。

デメリット1,装置(ブラケットとワイヤー)が表面についていますので、やや目立ちます。
2,ブラケットは金属か白いもの(プラスチック・セラミック)かを選択できます。ワイヤーも金属か白いものTPエステティックワイヤーが選べます。

貴方の歯の色にぴったり合う目立たない矯正装置

セラミックブラケット(歯の色に近いセラミックのボタンと白いワイヤー矯正)

セラミックブラケットだけでなく、ワイヤーにも白いものを使うことで、より審美性を考慮したワイヤー矯正方法です。金属色が見えないため、金属ブラケット(ボタン)に比べ、より目立たなく治療する事が出来ます。

(表側:白色/Invu・セラミックブラケット+白いワイヤー/エステティックワイヤー)

 

装置装着時 ~ 保定(後戻り防止)の料金(税込)ワイヤー装着治療期間の目安
¥77万 ~ ¥90.2万

約1~2年程度
(後戻り防止の保定に1.5~2 年程度)

リスク・副作用
装着後や調整後、2、3日から1週間程度痛みを感じることがあります。
硬いものを噛んだ時、ブラケットが外れる場合があります。

メリット

  1. あらゆる症例に対応できる
  2. 歯の表に装置がつく治療の中では最も目立たずに矯正治療ができる
  3. 金属アレルギーのリスクが少ない
  4. 治療期間が短くてすむ

デメリット

  1. 金属に比べ強度がやや落ちる
  2. 稀に割れてしまうことがある
  3. 費用がやや高い
  4. 汚れをしっかり落とさないと、虫歯や歯周病のリスクが高まる
  5. 食事の内容によっては食べにくいことがある
  6. 口の中を傷つけることがある

クリアブラケット(透明なボタンと金属のワイヤー矯正)

歯の表側にブラケット(透明のボタン)と白いワイヤー(エステティックワイヤー)を装着する治療方法です。ブラケットは、かつての金属製ではなく、透明なプラスチックですので、目立たずに治療を行えます。治療期間を短くできる装置もあります。

(表側:半透明色/クリア・プラスティックブラケット+白いワイヤー/エステティックワイヤー)

 

装置装着時 ~ 保定(後戻り防止)の料金(税込)ワイヤー装着治療期間の目安
¥71.5万 ~ ¥83.6万約1~2年程度
(後戻り防止の保定に1.5~2 年程度)
リスク・副作用
装着後や調整後、2、3日から1週間程度痛みを感じることがあります。
硬いものを噛んだ時、ブラケットが外れる場合があります。

メリット

  1. あらゆる症例に対応できる
  2. 比較的目立たずに矯正治療を行うことができる
  3. 金属アレルギーのリスクが少ない
  4. リーズナブルに治療ができる

デメリット

  1. 金属アレルギーのリスクが多少ある
  2. 金属・セラミックと比較し強度が弱い
  3. つけ直しを行う場合がある
  4. 汚れをしっかり落とさないと、虫歯や歯周病のリスクが高まる
  5. 食事の内容によっては食べにくいことがある
  6. 口の中を傷つけることがある

金属ブラケット(金属のボタンと金属ワイヤーの矯正)

歯の表側に金属ブラケット(金属のボタン)と金属のワイヤーを装着する、もっともポピュラーな治療方法です。

(表側:金属色/メタルブラケット+メタルワイヤー)

 

装置装着時 ~ 保定(後戻り防止)の料金(税込)ワイヤー装着治療期間の目安
¥66万 ~ ¥77万約1~2年程度
(後戻り防止の保定に1.5~2 年程度)
リスク・副作用
装着後や調整後、2、3日から1週間程度痛みを感じることがあります。
硬いものを噛んだ時、ブラケットが外れる場合があります。

メリット

  1. あらゆる症例に対応できる
  2. ブラケットの厚みを薄くできる

デメリット

  1. 金属アレルギーのリスクがある
  2. 矯正装置が目立つ
  3. 汚れをしっかり落とさないと、虫歯や歯周病のリスクが高まる
  4. 食事の内容によっては食べにくいことがある
  5. 口の中を傷つけることがある

一般ワイヤー 部分矯正

資料採得料金;8,800円
矯正カウンセリング料金;16,500円

部分矯正LOT(ワイヤー) ・・・ ブラケットの種類や難易度によって変わります
装置装着時 ~ 保定(後戻り防止)の標準料金(税込)ワイヤー装着治療期間目安
¥38.5万~ ¥53.9万約半年~1年程度
(後戻り防止の保定に1.5~2 年程度)
リスク・副作用
気になる部分は解消されますが、上下の噛み合わせのバランスは変わることがあります。
装置が全顎の装置よりも外れやすくなります。

【その他の料金】・・・1ヶ月に1回程度の来院時

ワイヤー調整料:2本5,500円/1本3,300円 

その他ワイヤー矯正時調整料:1,650円   

保定装置調整料:1,650円