いびきをかかずに眠れてますか?歯科で気づく!閉塞性睡眠時無呼吸

 

 私たちは、1日の約3分の1を睡眠に費やしています。この深い眠りを私たちが欲するのは、休息が身体と脳にどうしても欠かせないものだからです。なのに、「もしも睡眠中に窒息状態に陥り、酸欠になってしまっていたら」どうでしょうか。
 いびきを兆候とする「閉塞性睡眠時無呼吸」は、心臓、脳、血管に負担をかけ、高血圧症、糖尿病、脳卒中、狭心症、心筋梗塞、認知症のリスクを高める万病のもと。放置すると命取りになりかねません。

歯科が気づいてくれるのはなぜ?

 ところで、「なぜ歯科が閉塞性睡眠時無呼吸の治療をよびかけるの?」「医科の分野では?」と不思議に思われるかもしれませんね。これには理由があります。
 閉塞性睡眠時無呼吸の前段階の「いびき」は寝入りばなに起きることが多く、呼吸が妨げられ苦しいため、頻繁に覚醒が生じ寝不足気味となります。チェアに仰向けになったとき、すぐに寝入っていびきをかきはじめる患者さんがいらっしゃいますが、診療中に睡魔に勝てずに寝てしまうというのはよほどの眠気ですよね。
 また、眠りが浅くなったときに起きやすいのが歯ぎしりやくいしばり。浅い眠りが繰り返されることで、歯ぎしりによる歯の吸耗や、頬や舌に残る食いしばりの痕、傷んだ.せ物や詰め物など、特徴的な痕跡がお口の中にみられることが多いです。くわえて、舌が大きい、口蓋垂(のどちんこ)が下がっているなども関係します。そうしたことから、歯科は「閉塞性睡眠時無呼吸」の兆候に気づきやすい分野なのです。

歯科の口腔内装置、使ってみませんか?

 医科で行う閉塞性睡眠時無呼吸の治療といえば、器械で空気を送り込んで呼吸を助けるCPAP 治療。一方、歯科ではおもに、口腔内装置(マウスピースの一種「オーラルアプライアンス』) を用いた治療を行います。
 オーラルアプライアンスとは、就寝時に下に垂れて気道をふさいでしまう舌を、顎を少し前に出し固定することで持ち上げる装置です。小型の装置ですが効果は大きく、気道を確保して就寝中の酸欠を改善することができます。
 CPAP 治療と異なり機械音はしませんし、持ち運びも手軽です。顎を少し前に出して固定するので噛み合わせが悪くなるのではと心配な場合は、毎朝簡単な額のストレッチをすることを推奨します。
 閉塞性睡眠時無呼吸は、命にかかわる病気です。若い方も「たかがいびき」と油断せず、就寝中に酸欠になっていないか、検査と診断、治療を受けましょう。

 

引用参考文献:nico2021年5月

付録ダウンロードはこちら

お医者さんが伝えたい 歯医者さんに通うべき5つの理由

 

「口は災いの元」というように、さまざまな病気がお口からやってきます。歯医者さんに通うことが「健康で長生き」のためになぜ大事なのか。
医師の目線から、いま注目のトピックをお話しします。

糖尿病の改善に歯周病の治療が役立つ!

 糖尿病は、血糖が高いままになり、それがやがて血管や臓器にダメージを与える病気です。インスリンは血糖を下げるホルモンなのですが、体内に炎症が起きていると、インスリンの効きが悪くなります。
 脂肪を貯め込んだ内臓脂肪は、免疫細胞を刺激して、身体に炎症を起こします。このとき生み出される炎症物質が血流にのって体内に広がり、インスリンの効きを悪くします。
 歯周病もお口に炎症を起こしています。
腫れや出血、痛みは炎症のせいですね。免疫細胞と細菌の闘いの結果生じた炎症物質が、同じように血流にのって体内に広がり、インスリンの効きを悪くします。
 つまり、糖尿病と歯周病になっている場合、身体からの炎症にくわえ、お口からの炎症がダブルでインスリンの働きを邪魔するのです。ですがこれは、歯周病が治療されれば、お口からの炎症の火元が止められるので、糖尿病にも良い影響を与えるということでもあります。

歯周病が認知症の進行に関与?!

 歯周病菌のなかには、ポルフィロモナス・ジンジバリス(Pg菌)という病原性の高い菌がいます。この菌が怖いのは、歯周病菌のなかでも際立って強力なたんぱく質分解酵素(ジンジバイン)をもっていることです。
 歯周病が進行すると、Pg菌はジンジパインで歯の周りの組織を破壊し、やがては血管をすり抜けて体内旅行を始めます。Pg菌が体内に入り込むと何が起きるのか。近年、恐ろしいことがわかってきました。脳にたどり着いた Pg菌がジンジパインで神経細胞を変性させ、アルツハイマー型認知症を進行させている可能性があるのです。
 認知症はいくつもの要因が絡み合って起こるものの、歯周病菌そのものが認知機能を奪っている可能性があるというのは衝撃ですね。

 nico4月号では、このほか「お口の健康と感染症」「お口の健康と寝たきりになるリスク」「歯科医院で受ける予防指導の大切さ」についてお話ししています。お口の健康は、自分の力だけでは維持しにくいものです。歯医者さんの力を借りて、「健康で長生き」を実現させましょう!

引用参考文献:nico2021年4月

付録ダウンロードはこちら

いつもの歯みがきがワンランク上に!The歯ブラシ選びかた使いかた

 

2タイプの歯ブラシを使い分ける!

 デンタルフロスに歯間ブラシ、タフトブラシ…・・。みがき残しを減らすためいろいろ買ってみるけれど「毎日の習慣にはなかなか定着しなくて」というかた、多いですよね。
 子どもの頃から使い慣れているのは、やっぱり歯ブラシ。だったら発想を転換して、「すでに生活に定着している歯ブラシで、ワンランク上の歯みがきになる方法をマスターすればいいのでは?」
その答えが、ラウンド加工とテーパー加エという、2タイプの歯ブラシを両方使う方法です。

ラウンド加工とテーパー加工、どう違う?

ラウンド加工の歯ブラシは、毛先が丸くカットされているので、歯の広い面や、噛み合わせ面(咬合面)を効率よくお掃除するのが得意。一方、へこんでいたり細かなところのお掃除はどちらかというと苦手です。
 テーパー加工の歯ブラシは、長く細い毛先で、ラウンド加工では届きにくい歯と歯のあいだや段差などをピンポイントにみがくのが得意です。
 ラウンド加工の歯ブラシで歯面をサッとみがいてから、テーパー加工の歯ブラシで細かいところをフォロー。こうすれば効率もクオリティも上がりますよ!

 

 

 「歯ブラシ2本を使い分けるなんて、デンタルフロスよりは楽だけど面倒」。そんな方は、忙しい朝はラウンド加工の歯ブラシで歯面を効率よくササッと。昼食後はテーパー加工の歯ブラシで歯間に的を絞ってお掃除。夜はゆったりできる時間に両方使ってじっくりていねいにーーこのように1日のトータルで考えると、それほど負担なく続けられると思います。
 なお、テーパー加工の歯ブラシでみがくときに気をつけていただきたいのが、「毛め先を歯周ポケットに無理に突っ込んでみがかない」ということ。歯ぐきが痩せ、歯根が露出し、根面のむし歯のリスクが増してしまいます。「歯周病の予防のために」と、痛いのに我慢して続けている方もおられますが、ポケットの中を歯ブラシできれいにするのは至難のワザ。ポケットのお掃除は歯科衛生士におまかせくださいね。

 

引用参考文献:nico2021年3月

付録ダウンロードはこちら

「神経を取る」だけじゃないんです!ゼロからわかる歯の根の治療

 

神経に及んだむし歯は激しい痛みをともなうだけでなく、そのままでは歯を失うことになります。そんなとき歯を残す切り札となるのが「歯の根の治療」。歯にとっては心臓病の手術並みの大手術ですが、単に「歯の神経を取る」治療ではありません。
 歯の根の治療は、「歯の内部の細菌感染を起こした部分をきれいに取り除く」治療です。歯の内部にある、神経がとおる管=根管の中を掃除するので「根管治療」ともいいます。取り除いた後は、細菌を新たに入り込ませないように、掃除した根管の内部を埋めます。感染した部分がなくなれば痛みもなくなっていきます。
 とはいえ、感染部分をきれいに取り除くのは至難の技。根管は1mm 以下と非常に細く形も複雑。しかも相手はミクロの細菌。
ですから歯の根の治療は、歯科治療でもっとも難しい治療の1つとされています。

歯の根の治療(根幹治療の流れ)

 歯の根の治療は、以下の流れで進みます。


①感染部分の除去 
 感染部分は細菌のかたまりですので、まずはこれを除去しなくてはなりません。むし歯(=エナメル質や象牙質の感染部分)を削ったら、死んだ神経(=根管内の感染部分)
を取り除きます。まち針のようなドリル状の器具を挿し込んで、少しずつ削ります。


②洗浄と消毒
 除去したときには細かい削りかすが出ます。削りかすにも細菌が混じっているので、取り除きます。注射器状の器具で、消毒薬を根管内に行き渡らせて洗浄します。


③仮詰め
 根管内に消毒薬を詰めて仮の封=「仮詰め」をします。仮詰めをしたあと、「痛みがなくなったからいいか」と、次の受診を先延ばしされるのはおやめください。仮詰めはあくまで「仮」のもの。劣化したり外れると、細菌がまた根管の中に入り込んで、治療が台無しになってしまいます。


④根管充墳
 仮詰めを外して根管内の消毒薬を洗い流したあと、充墳材を詰めて根管を密封します。この処置は、内部を埋めて強度をもたらせるためではなく、取り切れずに残った細菌を封じ込めるのと、新たに外から細菌が入ってくるのを防ぐことが目的です。充填後は、歯を整形して仮歯を装着します。


⑤本番の被せ物を入れて治療終了
 本番の被せ物ができあがったら、仮歯と入れ替えて治療終了です。仮歯を入れて噛めるようになったからといって、受診を先延ばしにしないようにしましょう。仮歯もあくまで「仮」のもの。劣化したり外れたりすると、根管の中にまた細菌が入り込んで、治療が台無しになってしまいます。

 

引用参考文献:nico2021年2月

付録ダウンロードはこちら

知ると知らないでは大違い!親知らずを抜く前にお読みください。

なぜ放っておくとよくないの?

 骨の中で横向きに埋まっている、あるいは傾斜して頭を出している親知らずは、生ぇようとして隣の奥歯を押して傷めたり、隣の歯との隙間にブラーク(細菌のかたまり)を溜めこんでむし歯や歯周病を起こす トラブルメーカーです。

 まっすぐ正常に生えているなら抜く必要はありませんが、「将来トラブルが起きる」と歯科で指摘されたのでしたら、遅くならないうちに抜くことをおすすめします。

 だましだまし過こしているうちに、親知らずが原因のむし歯や歯周病で、治療が手遅れになるほど隣の歯が傷んでしまった り、歯並びがおかしくなって奥歯で噛めなくなったり。親知らずの周りに起きた炎症が歯ぐきから舌の下、頬や首の組織へと広がって発熱し、入院が必要になることもめずらしくありません。

大ごとにならないうちに抜きましょう!

 問題のある親知らずがあるけど、「腫れや痛みがひどくなったら、そのときは覚悟 ・を決めて抜こう」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。でも、強い炎症が起きている最中の抜歯は、避けなくてはなりません。炎症によって生じる酸が麻酔薬の効果を打ち消すため、麻酔が効きにくくなってしまうのです。

 炎症があるなか抜歯をすると浴りが遅いですし、二次的な感染症を起こして痛みや 腫れがひどくなることもあります。くわえて、年齢が進むと、歯とあごの骨の癒着が起きやすく、抜くのがとてもたいへんになります。

事前の準備にご協力ください。

 安全に抜歯を受けていただくために、歯科ではこんなことをお願いしています。

●持病についてお教えください:糖尿病で血糖のコントロールが不十分な方は、抜歯後に感染を起こしやすく、治癒が遅くなります。高血圧や心臓病の方は、抜歯中に血圧や心拍数が上がり、脳出血や心筋梗塞を起こすと危険ですので、血圧や脈拍を確認し、新キドキしにくい麻砕菜(アドレナリンを含まない)を選んで抜歯します。

●お薬についてお教えください:血液サラサラのお薬(抗血栓薬)や糖尿病のお薬、骨粗しょう症のお薬や注射は、抜歯時の出血や体調、その後の細菌感染に影響します。 ご自分の判断で休薬せず、まずお薬の服用の有無をお教えください。 

引用参考文献:nico2021年1月

付録ダウンロードはこちら

忘れてませんか?インプラントのメインテナンス

 インプラント治療を受けたあなた。その後も歯科への定期受診を続けていらっしゃいますか。歯科ではインプラント治療を行う際に、治療後もメインテナンス(定期受診)に欠かさず通っていただくようご説明しています。ですが、何年か経つうちに、「痛みがないから」「違和感がないから」とだんだんと足が向かなくなってしまう方も少なくないのです。

インプラントも“歯周病”になる!

 インプラントは、噛むところから歯の根に当たる部分まで、完全なる人工物。ですのでインプラント自体は細菌に強いです。しかし、インプラントが埋まっているまわりの歯ぐきは別で、天然歯と同じように、歯周病になるおそれがあります。

 歯周病は、歯の根元まわりに付着した細菌が、まず歯ぐきを炎症させて腫れや出血を起こします。いわゆる「歯肉炎」です。これが悪化すると、あごの骨が溶けてなくなっていく「歯周炎」=歯周病となります。

 インプラントの歯周病も、進行のしかたは似ています。インプラントに付着したプラークがまわりの歯ぐきを炎症させて、腫れや出血を起こします。(「インプラント周囲粘膜炎」といいます)。これが悪化すると、あごの骨にも炎症が及ぶインプラントの歯周病=「インプラント歯周炎」となります。周囲炎が進むと骨が失われていき、やがてはインプラントが抜けてしまいます。

メインテナンスに来ていただきたいわけ。

 メインテナンスでは、インプラントと、そのまわりの歯ぐきやあごの骨の状態を複数の検査で調べます。周囲炎や、その前段階の周囲粘膜炎になっていることがわかったら、まずは患者さんにセルフケアを見直ししていただきます。ケアのしかたがそのままでは、治療をしても細菌は減らず、炎症も引きません。改善されたら、歯ブラシなどでは届かない、歯ぐきの中のプラークや歯石を専用の器具で除去します。

 周囲粘膜炎の段階で発見できれば元に戻せますし、周囲炎になっていても、あごの骨のダメージが少ない状態ほどインプラントを失わずにすむ可能性が高まります。歯周病と同じで、痛みや違和感を覚えてからでは進行していることが多いです。

 また、歯ぎしりや食いしばりといった、無意識に生じる継続的な強い力により、あごの骨がダメージを受けていることもあります。歯科では、噛み合わせや、上下の歯やインプラントの状態を調べることで、絶えずそうした兆候に目を光らせています。ですから、欠かさずメインテナンスに来院していただきたいんですね。

 

引用参考文献:nico2020年12月

付録ダウンロードはこちら

 

歯科の定期検診でチェック!お口の粘膜 診てもらってる?

お口の粘膜の病気は気づきにくい!

 口腔がんにつながりかねない、お口の粘膜の異常。怖いなと思いつつも、「異常があれば自分で気づくだろう」とお思いの方も多いようです。しかし、「患者さん自身がお口の粘膜の異常に早期に気付くのは、実際のところとても難しい」のです。

 口腔がんは、初期には痛みがなく、ある時点で急にスイッチが入ったように大きくなります。そのため実際のケースでは、痛みやしびれが出るほど進行してから異常にきづくほうが多いです。

 しかも、お口の中はただでさえキズをつくりやすい場所。擦り傷、噛み傷にくわえ、アフタ、歯周病など細菌による炎症、カンジタ症、色素沈着、水疱、アレルギー、感染症、全身疾患、薬剤の副作用、そして悪性腫瘍など、あらゆる可能性を検討しなければ、本当の原因には行き着けません。

粘膜の病理検査をもっと身近に!

 心配な病変がお口の粘膜に見つかったとき、必ず受けていただきたいのが病理検査です。お口の粘膜の検査では、「細胞診検査」と「組織診検査」が現在一般的に行われています。

 細胞診検査では、疑わしい粘膜の表面を歯間ブラシのようなもので擦り、細胞(検体)を採取するだけで検査できる、患者さんに負担の少ない手法です。かかりつけの歯科医院が連携する口腔外科や病院歯科を紹介してもらい、検査を受けましょう。

 細胞診検査でがん化が疑われた場合、または視診、触診でがん化が強く疑われた場合に、診断を確定するために行われるのが組織診検査です。粘膜の組織を切り取り、病理医が子細に調べて診断します。がん治療を行っている病院歯科や大学病院などの高次医療機関で受けることができます。

歯科で定期的に粘膜を診てもらおう!

 口腔がんの早期発見にとって、もっとも重要な効果的な方法。それは、信頼できるかかりつけの歯科医院をもち、定期的にチェックを受けることです。なぜなら、ふだんの健康なお口を継続的・定期的に診てもらうことで、変化に気づき、変化の要因を推測してもらいやすいからです。

 初めて歯科医院に急患でかかったとき、もしも歯ぐきが赤く腫れていたら、まず疑われるのはおそらくむし歯か歯周病でしょう。しかし、いつも通っている歯科医院で、これまでむし歯も歯周病もなく健康だった患者さんの歯ぐきが急に腫れたとなると、「なにが起きたんだろう」と、真相に迫ったアプローチをしてもらえます。

 日頃から歯科とこうした関係を築いておくことが、粘膜の変化への気づきと病理検査、早期発見へとつながります。

 

引用参考文献:nico2020年11月

付録ダウンロードはこちら

小さいけれど大きな話。ミクロの世界で見る 脱灰と再石灰化

ミクロの世界で歯はどう見える?

 「脱灰」と「再石灰化」という言葉は、歯みがき剤のCMなどで耳にしたことがある人も多いでしょう。

 脱灰は、むし歯菌のつくる酸などにより歯の成分が溶け出してしまうこと。再石灰化は、その溶け出した成分が歯に戻ることをいいますが、歯の内部に実際にどのような変化が起こっているのか、見たことはあるでしょうか。今月は大学の研究室で撮影した電子顕微鏡写真をもとに、そうしたミクロのレベルの歯の変化をお見せします。

脱灰でエナメル質はどう見える?

 ここでは、歯の外側の部分である、エナメル質の脱灰の様子を見てみましょう。(実験で再現した写真です。)

 

 

 ①は、健全な状態のエナメル質です。表面は、光沢がありツルツルしています。この表面にプラーク(細菌のかたまり)が付き成熟すると、細菌のつくり出した酸がエナメル質の内部へと浸透します。すると、②のようにうっすらと表層が溶けていきます。このとき、内部でもエナメル質が溶けています。

 このまま酸と触れる状態が続くと、やがては表面の層がポロっと崩れ落ちます。これが③の脱灰が進行した状態です。魚のウロコのように見えますが、ひとつひとつのウロコは、エナメル質の内部に規則正しく並んでいる「エナメル小柱」の表面です。脱灰で歯が溶けることで、小柱が露出してきてしまうのです。ここからさらに脱灰が進めば、小柱がどんどん崩れていきます。

 

引用参考文献:nico2020年10月

付録ダウンロードはこちら

保険と自費はどう違う?部分入れ歯を初めて選ぶあなたに。

部分入れ歯をつくるときって、保険の入れ歯にするか、保険外の自費治療の入れ歯にするか、悩みどころですよね。

 機能の面からいえば、部分入れ歯を固定するための前処置が施され、留め金が適合していれば、保険の入れ歯でも動かない・噛める入れ歯となります。しかし、もっと「快適に噛みたい」「見た目をよくしたい」というときに、保険と自費の違いがグッと出てきます。保険の入れ歯では使用する材料や全体の設計に制限があるのですが、自費の場合は制限がないため、患者さんのお口により緻密にフィットするものがつくれるのです。

保険→自費。使い心地にこだわるなら?

 保険の部分入れ歯の義歯床(歯ぐきを覆う部分)には、主にアクリルレジンという歯科用プラスチックが使われています。プラスチックでは、割れるのを防ぐためにどうしてもある程度の厚みが必要となり、これが違和感のもととなります。

 自費の入れ歯では、義歯床のなかで金属にできる部分が格段に多くなります。金属にすると、入れ歯の強度や耐久性を増しながら「薄く」できます。お口の中のスペースが広がり、舌が快適に動くスペースが確保されるので、使い心地が向上します。

保険→自費。審美性にこだわるなら?

 部分入れ歯の留め金のひとつであるクラスプ(バネ)。歯を表と裏からパチンと挟み込むのですが、保険の入れ歯では、金属なので目立ってしまうのが困りもの。自費の入れ歯の場合、このクラスプの形や材質を変えたり、クラスプを使わない固定法を選べるようになります。

 形や材質を変えるパターンでは、歯の裏側からのみ固定するIバーや、目立たない白いプラスチックであるホワイトクラスプを用います。

 クラスプを使わないパターンでは、磁石や特殊な金具などを利用します。残った歯の根に磁石を埋め込み、それと重なる位置にある入れ歯に磁石をつけて固定したり、残った歯に金属のバーがついた被せ物をかぶせ、そこに入れ歯をはめ込んだりします。こうしたタイプは、比較的目立たず、残った歯への影響を軽減できます。

 なお、保険の入れ歯でも自費の入れ歯でも、快適に使い続けるには、できあがったあとの調整が欠かせません。調整を繰り返すことで、より使い心地の良い入れ歯になるのです。「入れ歯をお口に入れてもらって終わり」ではなく、調整とメインテナンスのために定期受診をお願いいたします。

引用参考文献:nico2020年8月

付録ダウンロードはこちら

新型ウイルスへの防御力、上げましょう!お口からはじめる感染症対策!

新型コロナウイルスという新たな脅威の詳細は、まだ明らかではありません。しかし、インフルエンザウイルスと同じエンベロープ(被膜)をもつウイルス族だけに、感染の仕組みは共通していると考えられます。ですから、新型コロナウイルスから身を守るためにもっとも参考になるのは、インフルエンザの予防法でしょう。そこで、インフルエンザウイルスを例に、ウイルスがどのように私たちの体内に入り込むのかをみていきましょう。

 

ウイルスはどうやって体内に入り込む?

 ウイルスはみな、生きた細胞に入り込まないと生きられず、細胞の中でしか仲間を増やせないパラサイトです。

 ノドなどの粘膜細胞のレセプター(細胞の膜にある受容体/入口)に吸着すると、自分を包む膜と細胞の膜を一体化させてスルリと内部に侵入し、細胞の中に自分の遺伝子を放り込みます。そして乗っ取った細胞のタンパク質やエネルギーを利用して、自分の遺伝子を増殖させていくのです。

 とはいえ、粘膜細胞はそうやすやすと乗っ取られるわけではありません。ふつうは豊富な粘液で覆われているので、ウイルスがレセプターに吸着しようとしても、粘液が邪魔してなかなか吸着できないのです。

 

歯周病菌がウイルスの侵入を手引きする?!

 ただ、この粘膜による防御作用が弱くなってしまうことがあります。それにかかわっているのが、思わぬ伏兵、「歯周病菌」なのです。お口にプラークがたっぷりあり、歯周病菌が跋扈していると、歯周病菌の出す毒素が粘膜の層を溶かして壊します。するとウイルスの標的である粘膜細胞のレセプターが丸見えになり、吸着が容易になってしまう。つまり歯周病菌が、ウイルスがすばやく体内へ侵入できるよう手引きするのです。

 歯周病菌とウイルス感染のかかわりは、これだけではありません。歯周病菌の出す毒素が、ウイルスのもつ「細胞の入口を開ける鍵」をパワーアップさせてしまうこともわかっています。

 お口の中で歯周病菌が増える原因は、お手入れ不足です。歯みがきを怠ってプラーク(細菌のかたまり)が溜まったり、歯周病菌の巣になった歯石を放置していたりすると、歯周病が起きてしまいます。

 感染症から身を守るには、マスクに手洗い、うがい、体調管理と3密を避けること。これに加え、「ふだんからお口の中を清潔にして歯周病を予防すること」とおぼえてください。そのためには、歯科医院への定期受診もお忘れなく!

引用参考文献:nico 2020年7月

付録ダウンロードはこちら