過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)とは

奥歯でかんだ時、上の前歯によって下の歯が4分の1くらい隠れるのが正常な状態ですが、かみ合わせが深すぎて、下の歯がほとんど見えない歯並びのことを過蓋咬合(かがいこうごう)と言います。

 

過蓋咬合のデメリット

奥歯がすり減りやすい

かみ込みが深いため、奥歯への負担が強くかかってしまい、奥歯のすり減りが激しくなる傾向があります。

出っ歯になっていくことがある

下の前歯が上の前歯に食い込むようにあたるため、上の前歯が前に押されて出っ歯になっていくことがあります。

上の前歯にダメージを与えやすい

下の前歯が上の前歯に強く当たることで歯にダメージが加わる、もしくは、下の前歯が上の前歯の裏側の歯茎に当たる場合、歯茎に炎症を起こしやすくなります。

顎関節症を起こしやすい

かみ合わせが深いことで下あごの動きが制限されてしまい、顎関節に強い負担がかかりやすいため、顎関節症を起こしやすい傾向があります。

詰め物や被せ物が外れやすい

かみ込みが深いため、歯に強い力がかかります。それゆえ詰め物や被せ物を入れても脱離を繰り返す傾向があります。

過蓋咬合の原因

奥歯がひどい虫歯になった

奥歯がひどい虫歯になって高さを失った、もしくは抜歯になってそのままの状態が続くと、かみ合わせが深くなることがあります。

上下のあごの骨の発達のアンバランス

上下のあごの発育バランスが悪くても起こることがあります。

顎関節の以上

顎関節の状態に異常があると、上下の位置関係に影響し、かみ合わせが深くなることがあります。

歯ぎしり・食いしばり

歯ぎしりや食いしばりで奥歯が擦れ、高さが低くなることが原因になる場合もあります。

過蓋咬合の治療法

過蓋咬合の治療法としては、次のような方法が挙げられます。治療する年齢、お口の状態などによっても適する治療法が変わってきますので、詳しくはご相談ください。

ワイヤー矯正

一般的によく行われる矯正方法です。ワイヤー矯正なら、あらゆるケースに対応可能です。歯の一つ一つに装置(ブラケット)を装着し、ワイヤーを通して歯並びを整えていきます。当院では、白いブラケット、白いワイヤーを用いた目立たないワイヤー矯正も行なっています。
→ 大人の矯正 装置の種類の詳細はこちら(リンク設置)

インビザライン

比較的、程度が軽度な場合に適した方法です。透明なマウスピースを装着し、定期的に交換するだけで歯並びが徐々に並んでいきます。インビザラインで治しきれないケースの場合はワイヤー矯正、もしくはインビザラインとワイヤー矯正を併用した方法を行う場合もあります。

当院では、お子様向けのインビザラインも行なっていますので興味のある方はご相談ください。
 

その他の歯並び