「風邪もインフルエンザも肺炎も?!お口を清潔にして感染症対策!」

★手洗い・うがい・歯みがきで予防?!

 毎年流行するインフルエンザ、なんとかして予防したいですよね。むし歯や歯周病もなく、お口をいつも清潔にしておくことが大事だとご存知ですか?近年の研究によって「お口の中をきれいにして細菌を減らすとウイルス感染のリスクが減る」ことがわかってきました。逆に「歯みがきをサボってお口の中に細菌がたくさんいると細菌が風邪やインフルエンザウイルスの感染をサポートする毒素をタップリと出してノド粘膜に悪影響を与え、その結果ウイルスの感染が促進されてしまう」というのです。

★プラークの恐るべき正体って?

 歯にべったりとついたプラーク。この中に潜む細菌がいかに凶悪か、みなさんに本当のことをぜひ知っていただきたいと思います。じつはプラークに棲んでいる細菌は、さまざまな毒素を作り出し、私たちが知らないうちにからだを傷めつけているのです。

 とくに歯周病の方の歯周ポケットの中には、グラム陰性菌がウジャウジャいます。この細菌たちは外膜に内毒素を作っていて、この内毒素が血流に乗ってからだの中に入ることによって、病原性を発揮してしまうのです。

 しかも歯周ポケットの中に棲む歯周病菌の内毒素は、歯ぐきだけでなく気道粘膜も壊します。炎症で細胞同士の結びつきがゆるくなると、ウイルスが侵入しやすくなってしまうのです。

★プロの力を借りて清潔なお口を保とう!

 私たちが「史上最強の暗殺者」であるプラークから身を守るには、やはりていねいにブラッシングしてお口の中から追い出すこと、その効率を上げるために歯みがき剤や洗口剤に配合された殺菌剤をかしこく使って行くこと、そして歯周ポケットの中や歯のあいだに取り残したプラークを定期的に歯科医院でしっかりと取り除いてもらうこと、これ以外に方法はありません。

 歯みがきの良いところ、副作用がなく、そしてなにより、とても経済的だということです。

 また、歯科医院で定期的にクリーニングを受けるには少しお金が必要ですが、それとて通常は数ヶ月〜半年に一度ですみ、お口の中がサッパリして気持ちよくなるうえ、からだにも良いものですから、こんなお得なことはありません。

 元気なからだは、清潔なお口から。お口の中に凶悪な細菌たちを増やさないようにしっかりケアして病気を予防し、この冬を元気に乗り切りましょう!

引用参考文献:nico 2015年12月号