「この治療を成功させたい。だから禁煙をお願いします!」

★タバコが歯にもたらす影響って?

 タバコが健康に悪いことは、みなさんよくご存知ですよね。

 お口は、毒性の強いタバコの煙に直接触れる場所。それだけに受ける被害も大きく、その影響は多岐にわたります。口腔がん、歯周病の重症化や治療・予防の効果への悪影響、外科治療後の回復の遅れをまねくほか、最近ではむし歯のリスクまで指摘されるようになりました。

 タバコが歯に悪さをする要因として従来から指摘されてきたのが、タバコの有害物質による免疫機能や修復機能の障害です。たとえば歯周病の炎症は、免疫機能がジャマされて歯周病菌をやっつけられないと重症化しやすく、歯を失いやすくなってしまいます。また、炎症や傷を治す修復機能がにぶるため、喫煙者の場合、せっかく歯周病の治療をしても治療効果が思うように上がらなかったり、治療後にいったん良くなっても再発しやすくなったりします。

★タバコで細菌がパワーアップ?!

 じつは最近、こうした従来言われてきたリスクに加えて、タバコの有害物質に鍛えられて、歯周病菌やむし歯菌の病原体が強まることまで明らかになってきました。

 お口のプラークに似せた細菌叢を作り、タバコエキスを垂らして実験すると、歯周病菌はより攻撃的に毒素を出すことがわかりました。いっぽうむし歯菌も粘度の高いプラークを作ってその中に隠れ、旺盛に糖を食べて酸を作ります。プラークの外膜はタバコの刺激で厚く丈夫になり、酸をタップリ溜め込むことができます。すると酸で歯が溶け、むし歯ができ、プラークは悪玉化した細菌を保護してどんどん増やしてしまうのです。

★治療・予防効果アップのため、禁煙を!

 ただし、歯石の除去やクリーニングを受けるなどの専門家による清掃と一緒に禁煙をすると、こうした悪玉菌もとたんに穏やかになります。細菌の細胞は比較的短周期で生まれ変わるので、ヒトの細胞が入れ替わってタバコの影響から脱するよりもはるかに早く変化が起きるのです。禁煙によって悪玉菌が減れば、歯周病やむし歯の治療後の再発が減り、予防もグッとしやすくなります。

 いまはすぐれた禁煙補助剤があり、辛い症状をやわらげながら比較的楽に禁煙することができます。

 治療や予防の効果を上げ、失う歯を減らすために、受診をきっかけに禁煙をはじめませんか?

引用参考文献:nico 2016年1月号