「切実だけど、なぞもいっぱい!原因不明の歯の痛み「非定型歯痛」

★歯の痛みだけど、原因は歯以外にある?

 非定型歯痛とは、歯科で調べても原因がわからず、痛み止めもほとんど効かず、耳鼻咽喉科や内科で調べても原因が不明だ、という痛みをいいます。この痛みのはっきりした原因はまだわかってはいませんが、脳の中で起きており、ストレスや心理的な葛藤の影響を受けている可能性があります。

 つらい歯痛の原因を、「歯以外に原因があるかもしれない」「メンタルが原因の可能性もある」などといわれると、なんだか問題をはぐらかされているようで、納得のいかないお気持ちになるかもしれません。でもその歯痛の原因がもしも歯以外なら、歯科治療を繰り返しても、決して治りません。原因不明の歯の痛みが続くとき、歯以外の原因も探ってみることは、原因を正確に鑑別するためのとても重要なプロセスなのです。

★歯科治療のストレスがきっかけに?!

 非定型歯痛が始まったきっかけが歯科治療だったというケースは、じつはしばしばあるのです。それには「口」という器官を扱う歯科ならではの事情が大きくかかわっています。

 口は、外界から食べ物を取り込む入口です。もしも誤って危険なものを取り込んでしまっては困るので、口には優秀なセンサーが集まっています。たとえば手や足に髪の毛が触れても、どうということはありません。しかし、口の中に髪の毛が1本でも入ったらどうでしょう?不快でたまりませんよね。口という器官は、それほど特殊な鋭敏さをもった器官なのです。

 そのうえ、口の周りには、目、鼻というセンサーもあります。こうしたさまざまなセンサーから厳しく警戒され見張られているため、歯科治療では、「不安」「不快」といった情動が本能的に働きやすく、大きなストレスになる傾向があります。

★よりよい治療のため、ご相談ください!

 患者さんの治療に関する不安を減らし、納得して治療に臨んでいただくためには、カウンセリングや治療説明についての、いっそうの努力が歯科側には求められています。それと同時に患者さんも、治療についてわからないこと、不安なことがあれば、遠慮なく歯科医院にお尋ねください。ご相談いただければ、笑気麻酔などを使用して不安感を和らげることもできます。

 十分に話し合い、納得してから治療を受けることが、治療のストレスの軽減につながります。信頼関係を築き、より良い治療にしていきましょう。

引用参考文献:nico 2016年2月号