きれいになる」だけじゃない!矯正治療でウェルエイジング

「歯並びをきれいにするもの」というイメージのある矯正治療。ですが、矯正治療のメリットは、審美的なものだけではありません。歯がきれいに並び、噛み合わせがよくなることは、若々しく健やかに年を重ねるためにも重要なんです。

★矯正治療で「お口の機能」を改善!

 矯正治療の「きれいになる」以外のメリット。それはずばり「お口の機能の改善」です。お口には、モノを噛む(咀嚼)、モノを飲み込む(嚥下)、発音する、表情をつくる、唾液を分泌するといったさまざまな機能があります。どれも生きていくうえで大切な機能ですが、なかでも重要なのは、「よく噛めるようになる」ということ。

 食べ物を咀嚼し、栄養を摂取するためには、よい歯並びと噛み合わせが大切です。それは、ご高齢になるほどいっそう重要になっていきます。

 また、噛み合わせがよくなると、よく咀嚼できるようになるので、唾液が出やすくなります。この「唾液が出やすくなる」というのも、若さを保つ秘けつの1つ。

唾液にはからだに有益な酵素やホルモンがたくさん含まれています。消化を助けるアミラーゼ、リパーゼなどの酵素をはじめ、咀嚼物に粘りを与え嚥下を助けるムチン、それに骨・筋肉を強くするパロチン(若返りホルモンといわれます)などなど。唾液がたくさん分泌されるということは、からだの中から若返るということなのです。

 くわえて、千葉市や文京区による「8020」達成者を対象とした噛み合わせの調査では、反対咬合(受け口)や開咬の人がほとんどいなかったことがわかっています。歯の一部分に負担がかかる、よくない噛み合わせのままでは、より多く歯を残すのは難しいことがわかります。

 このように、正しい歯並びは「美と健康のファンダメンタル(基礎)」。矯正治療によるお口の機能の改善は、ウェルエイジングのカギとなります。

 噛み合わせの改善は、入れ歯やインプラントでも可能ですが、「できるだけ自分の歯で」というのは、皆さん共通のお気持ちではないでしょうか。

 お子さんや若い人がされている印象が強い矯正治療。けれども、最近は歯の大切さが浸透してきたせいか、40代や50代から治療を始める人も増えています。

 歯並びが気になっているけれど、「今さら矯正なんて……」と尻込みしているあなた。けっして遅くはありません。いつまでもおいしく食べ、楽しく笑い、健やかに過ごすために、矯正治療がきっとお役に立てると思います。

引用参考文献: nico 2017年4月号

付録ダウンロードはこちら