「この治療を成功させたい。だから禁煙をお願いします!」

★タバコが歯にもたらす影響って?

 タバコが健康に悪いことは、みなさんよくご存知ですよね。

 お口は、毒性の強いタバコの煙に直接触れる場所。それだけに受ける被害も大きく、その影響は多岐にわたります。口腔がん、歯周病の重症化や治療・予防の効果への悪影響、外科治療後の回復の遅れをまねくほか、最近ではむし歯のリスクまで指摘されるようになりました。

 タバコが歯に悪さをする要因として従来から指摘されてきたのが、タバコの有害物質による免疫機能や修復機能の障害です。たとえば歯周病の炎症は、免疫機能がジャマされて歯周病菌をやっつけられないと重症化しやすく、歯を失いやすくなってしまいます。また、炎症や傷を治す修復機能がにぶるため、喫煙者の場合、せっかく歯周病の治療をしても治療効果が思うように上がらなかったり、治療後にいったん良くなっても再発しやすくなったりします。

★タバコで細菌がパワーアップ?!

 じつは最近、こうした従来言われてきたリスクに加えて、タバコの有害物質に鍛えられて、歯周病菌やむし歯菌の病原体が強まることまで明らかになってきました。

 お口のプラークに似せた細菌叢を作り、タバコエキスを垂らして実験すると、歯周病菌はより攻撃的に毒素を出すことがわかりました。いっぽうむし歯菌も粘度の高いプラークを作ってその中に隠れ、旺盛に糖を食べて酸を作ります。プラークの外膜はタバコの刺激で厚く丈夫になり、酸をタップリ溜め込むことができます。すると酸で歯が溶け、むし歯ができ、プラークは悪玉化した細菌を保護してどんどん増やしてしまうのです。

★治療・予防効果アップのため、禁煙を!

 ただし、歯石の除去やクリーニングを受けるなどの専門家による清掃と一緒に禁煙をすると、こうした悪玉菌もとたんに穏やかになります。細菌の細胞は比較的短周期で生まれ変わるので、ヒトの細胞が入れ替わってタバコの影響から脱するよりもはるかに早く変化が起きるのです。禁煙によって悪玉菌が減れば、歯周病やむし歯の治療後の再発が減り、予防もグッとしやすくなります。

 いまはすぐれた禁煙補助剤があり、辛い症状をやわらげながら比較的楽に禁煙することができます。

 治療や予防の効果を上げ、失う歯を減らすために、受診をきっかけに禁煙をはじめませんか?

引用参考文献:nico 2016年1月号

口腔領域の喫煙の影響!

喫煙と歯周病との関連はよく取り上げられるので、今回はそれ以外との関係について記載します。

1.口腔がん

2.インプラント義歯治療

3.歯肉メラニン色素沈着症

4.口臭

5.歯の喪失

などなど。。。

歯周病とタバコ

喫煙と歯科領域(歯や口の健康)との関わりってあまりピンとこないかもしれませんが、タバコを吸うのは口ですよね?

なので、喫煙の影響というのは歯周病だけにとどまらず、口腔がん、口臭、う蝕 ( むし歯 ) などでも大きな危険因子であることが近年積極的に報告されています。

「歯科の天敵!それはタバコ。」

★なぜ歯科が禁煙支援?

 治療のために歯科医院を受診したとき、あるいはメインテナンスに通っているとき、歯科医師から禁煙をすすめられたことはありませんか?また、お口のクリーニングをしているとき、歯科衛生士から歯の裏のヤニを指摘されたことがあるのでは?

 お口の医療を担う歯科のプロたちが、全身の健康を蝕む「タバコ」の問題にかくも熱心なのはなぜでしょうか。それは、タバコ(喫煙)は歯科にとっても「天敵」だからです。

 

★病状が悪化、治療のジャマも

 たとえば、現在日本人の成人の8割以上になんらかの症状があるという歯周病。タバコを吸っているかたの場合、免疫機能が十分に働かないため、歯周病菌との戦いに負けやすく、症状の悪化が加速されます。

 そしてまた、タバコは歯科治療の「天敵」でもあります。じつはタバコを吸っていると、せっかく治療をしても、炎症が治りにくく傷口もふさがりにくいのです。そのため治療が長引いたり、思うような成果が上がらないなど、治療にたいへん不利なのです。再治療が必要になることすらあり、すると通院回数も増えてしまいます。

 高度な治療(歯周組織再生療法やインプラント療法など)になればなるほど、タバコを吸っているがために治療が不可能なケースも増えてきます。

 歯科治療は、ともするとその成果をすぐに求められる傾向が強く、タバコの害は歯科医師にとっても切実な問題です。なかなかよい結果が出ないがために、ときには患者さんとの信頼関係にほころびができてしまうことさえあります。そのため、歯科治療を開始する際に、禁煙の努力をお願いすることがあるのです。

 

★治療を機に禁煙しませんか?

 お口の中は、肺の中と違って直接診ることができ、タバコの害がわかりやすい所。私は、歯科の診療室は、患者さんへの禁煙指導、禁煙支援に向いた場所であると思っています。たとえば、歯科医院では、定期検診や治療で何度か通院しているあいだに、お口の中を患者さんご自身に見ていただき、折にふれて禁煙の大切さについてゆっくりとお話しすることができます。また、治療のために禁煙が必要になれば、タバコをやめる方法を指導したり、医科の禁煙外来の情報などをご提供できるようになるわけです。

 歯科医師や歯科衛生士が「禁煙しましょう」と折にふれてお話しするのには、こんなわけがあるのです。

引用参考文献:nico 2012年7月号

 

喫煙のいろいろ

以前から歯周病などに影響を与えると言われている
 
          『 喫煙 』

今月の5月31日は 「 世界禁煙デー 」 もありますので、ちょっと書いていきます。。。

この 『 喫煙 』 は、ガンをはじめとする循環器疾患、呼吸器疾患、糖尿病、周産期異常などさまざまな疾患の原因になることが科学的知見でも確立されていて、健康への悪影響はあきらかで、もちろん歯周病や糖尿病のリスクも高くなります。

たばこの消費量は、最近では減少傾向ですが若い女性の喫煙率はあまり減少傾向を示さず、ほとんど横ばいで、さらに悪いことにより禁煙しにくいメンソール系のたばこが女性に人気のようです。

ただ、この妊娠の可能性のある世代に対して、喫煙の影響は啓発不足の感があり、よりいっそうの禁煙支援を行う必要性があると考えられます。

あと、禁煙の意思でいえば

               やめたい

と思っている人は意外と多く各世代の4割程度の方が考えていながらも禁煙にいたっていないのは、まさにニコチンの依存症にあるといえます。

( 自分も今から15年近く前の長女を授かった?時の妻が妊娠した時に禁煙しました。

それまでも職業柄、診療中(朝から夕方まで)は休憩時間などでも手(正確には指)に匂いがつくと、それを口腔内に入れるのでほとんど吸わなくなっていました。

それで無理なく禁煙できたような気がします。 )

たばこは言わば

          『 合法ドラッグ 』

でニコチンが含まれているため習慣性・依存性があり、実際吸わないと落ち着きがなくなるそうです。

禁煙も3日目がとてもきつく1週間継続できれば、ほぼ成功といえる段階になるようです。

また、

     「 禁煙しようと思っていても、なかなかできない 」

とよく耳にしますが、アルコールよりはやめやすいそうです。

最近社会的な問題になっているのが副流煙による受動喫煙です。

2008年12月に米国小児科学会誌に発表された論文で、新たに警告されているものは、

『 セカンドハンドスモーク(直接受動喫煙) 』  ではなく、

『 サードハンドスモーク(間接受動喫煙) 』   です。

          『 セカンドハンドスモーク 』 

は、喫煙する人が吐き出す煙や、くすぶらせる煙が拡散して、近くにいる人がその煙を吸わされ喫煙者でなくても

心臓血管系の病気・脳卒中・肺ガン・流産・新生児無呼吸症候群など

のリスクを負わされることで、近年わが国でも知られるようになってきたものです。一方、       

          『 サードハンドスモーク 』

は、煙が消失したのちに煙に含まれる物質が、喫煙者の髪の毛・衣類・部屋のカーテン・ソファなどに付着し、それが汚染源となり間接的に第3者がたばこの有害物質に曝露されることだそうです。

なので、たとえば妊婦が直接受動喫煙を受けると、おなかの中の胎児にとっては間接的に受動喫煙となるので、これも “ サードハンドスモーク ” となります。

最近は “ セカンドハンドスモーク ” の知識をもっている人は多いのですが、お子さんのいる自宅を完全禁煙にしていない家庭は多くあります。

というのも、子供がいない間はタバコを吸っていたり、喫煙者が換気扇の下で喫煙したりすることは問題で、このような状態では、赤ちゃんや幼児を有害物質の曝露から守ることは出来ません。

 “ サードハンドスモーク ” の知識をもてば、室内(車内も)は絶対にスモークフリーでなければならないのです。

これを読んだきっかけにぜひ禁煙を!^^

( この記事は 『 月刊 糖尿病ライフ さかん 5月号 』 を参考にまとめてあります。 )