奥歯がないと糖質過多に?!噛めるお口で減らす 糖と脂肪のおはなし。

★奥歯を失ったままだと太りやすい?!

 奥歯を失って、不便に感じながらもいつの間にか慣れてしまい、治療を先延ばししている患者さんをときどきお見受けします。ですがこの「慣れ」こそ怖いのです。

 奥歯を失うと、咀嚼機能が低下します。すると、ラーメンやカレーライス、スナック菓子といった、軟らかくて食べやすく、簡単に満足感を得られやすいものに手が伸びやすくなります。こうした食事はカロリーオーバーを引き起こしやすい一方、筋肉量の維持に必要な動物性タンパク質や、老化を防ぎ体調を整える抗酸化物質、ビタミン、ミネラル、食物維持などに乏しく、深刻な栄養不足をまねきやすいのです。

 奥歯を失ってから、食の好みが変わってきていませんか?糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞などの発症リスクを減らすために、歯科治療で噛めるお口を取り戻しましょう!

 

★肉や野菜、不足していませんか?

 奥歯を失うと次第に食べにくくなるもの、その代表格が「肉と野菜」です。

 奥歯を失ってからよく噛めない状態は、本来とても強いストレスを生みます。その結果ストレスを感じずに食べられる軟らかい食事を自然と好むようになり、糖質過多、低タンパク質、低ビタミン、低ミネラルに陥ってしまう人がとても多いのです。

 タンパク質の摂取が不足すると、「サルコペニア」(骨格筋減少症)になる危険性が。これはつまずきや転倒の原因で、いま話題のフレイル(要介護状態への前段階)に直結します。くわえて、ビタミンやミネラルは、摂取したタンパク質を使って効率よく筋肉量を維持するために欠かせません。

 しっかりと栄養の摂れるお口を戻すにはどんな治療法があるのか、歯科医院でご相談いただきたいと思います。

 

★噛めるようになってからもご注意を!

 奥歯にインプラントが入ると、以前のように「よく噛めるお口」が戻ってきます。ただ、私が非常に気になっているのが、急激な体重の増加です。入れ歯やインプラントの治療を終えた患者さんに、少なからず起きてくる変化だからです。

 噛まずに流し込める軟らかい食事は、歯が入っても食べやすいことに変わりはありません。そのため、放っておくと治療後も、奥歯がなかった頃の食の好みが継続してしまいます。定着した食習慣を改善するのは難しいものですが、改善をしないとますますメタボが加速し、動脈硬化や糖尿病などを発症、または重症化させかねません。

 治療が終わってよく噛めるようになったら、歯科医院や職場の栄養相談を利用して管理栄養士などの専門家の指導を受け、からだに良い食生活に戻していきましょう。

引用参考文献:nico 2019年10号

歯科の治療と予防がサポートします。よく噛めるお口で目指せアクティブシニア!

 

からだに良い食事をしようと、テレビやネットで評判の食材をいろいろと試している方、多いですよね。でも、そうした食べ物を摂るために不可欠な「歯の健康」や「歯科治療」についてはいかがでしょう?

 

★噛めないとたんぱく質不足&糖質過多に!

 高齢になり歯が減って、失った歯の機能を補う歯科治療も十分に受けていないといった状態が続くと、食べられないものが徐々に増え、栄養摂取そのものに問題を抱えるようになります。

 たとえば、全体的に食が細くなったり、やわらかいものを好んで食べるようになり、食事全体に占めるご飯類や麺類の比重が増えがちに。また、手軽に満足感を得られるお菓子の間食も増える傾向があります。その結果、糖質過多になり、血糖値のコントロールが難しくなります。

 そしてさらに深刻なのが、たんぱく質不足。肉を噛み切ることが難しくなると、自然と箸が向かなくなり、知らず知らずのうちにたんぱく質不足に陥りやすいのです。たんぱく質の不足は、筋肉量の減少や、体力・免疫力の低下をまねき、ついには虚弱そして要介護状態に陥る一因となります。

 

★アクティブシニアを歯科治療が応援!

 歯を失いはじめる働き盛りの年代は、日々の忙しさに、歯科治療をとりあえずの応急処置ですませがち。ふだん歯科に定期受診をしていない方も多いと思います。

 しかし、歯を失いはじめた頃に、歯を悪くした根本的な原因を突きとめて喪失を食い止めておかないと、60代、70代と同じようなトラブルがほかの歯にも起きて、ドミノ式に歯を失うことになりかねません。

 噛めるお口は、低栄養の予防はもちろん、認知症の予防にもたいへん重要です。歯科医院に相談し、入れ歯やインプラントなどご自分に合う治療の選択肢を検討して、噛めるお口を取り戻してください。

 

★運動をプラスして筋肉量を維持しよう!

 よく噛んで食べられるお口を取り戻せたら、つぎに重要なのは「運動」です。噛めるお口を取り戻す治療は、アクティブシニアになるための土台づくりにすぎません。摂取した栄養を十二分に生かすには、からだを動かすことが大切です。必要な筋肉量を維持できるよう、ウォーキングやエクササイズを日常的に取り入れてみましょう。

 私たちの健康は、私たちが意識する以上に「噛めるか・噛めないか」の影響を受けています。アクティブシニアを目指して、働き盛りのころから歯科の治療と予防指導を受け、大切な歯を守っていきましょう。

引用参考文献:nico 2018年10月号

「おいしく食べておだいじに!歯科治療中のやさしいごはん」

★治療にやさしいお食事を

 「よく噛むとからだにいいんだよ。しっかり噛んで食べなさい」

 みなさん、子どもの頃にこう教えられたことと思います。たしかに、よく噛んで食べると消化吸収によいだけでなく、むし歯予防になる、脳の働きが活発になる、満腹中枢が働き肥満防止にもなるetc……とてもよい効果があるといわれています。

 でも、残念ですが、場合によってはしっかりと噛まないほうがよいとき(噛めないとき)もあります。それは、たとえば歯の治療中です。歯ぐきを切開して治療をした、仮歯が入っているなどのほか、インプラントや再生療法のように、治療がひと段落するまで、なるべく強く噛まないほうが治療が順調に進み、よりよい結果が得られやすい場合もあります。

 

★治療の長期化傾向のなかで

 「できればふだんどおりの食事を」と願う気持ちは、治療やケアにあたらせていただいている私たち歯科のスタッフも患者さんと同じです。ただ、治療内容や処置の大きさによっては、治療結果をよりよいものにするため、ご協力をいただかざる得ない場合もあるのです。ことに現在の歯科治療は、その内容も高度化、複雑化しています。それにつれて治療期間も長期化傾向にあります。こうしたなか、患者さんから治療中の食事についてのご質問をいただく場面も増えてきました。

 治療期間中の食事は、もちろん、ただやわらかければよい、というものではありません。患者さんがバランスよく栄養をとり体調よく過ごされることは、歯科の治療経過にとっても、とても重要なことです。毎日のことですので、献立を考えるのが気が重かったり、ご心配なさっている患者さんもおられるのではないでしょうか?

 

★市販品の利用や簡単料理で!

 なかでも患者さんにとっていちばん気になるのが、手術当日から1〜2週間くらいまでのお食事のようです。

 手術の大小にかかわらず、術後は傷口がふさがるまではしみたり腫れたりして食べにくいもの。そこで、さまざまな患者さんのサポートをさせていただくなかから生まれてきた、身近な市販品や食材を使って手軽にできる工夫についてご紹介をしていきたいと思います。

 いざ治療というとき、知っているときっとお気持ちも楽になると思います。ぜひ参考になさってみてください。

引用参考文献:nico 2012年6月号